”腸活習慣”とは③

今回は①、②に引き続き、腸内細菌と関わりのある疾患について

紹介していきます。

腸内細菌と関わりのある疾患。その代表として挙げられるのが【肥満】です。


腸内には多数の腸内細菌が存在していますが、その中でも肥満の解消や脂肪蓄積を抑制する働きがあるのが

【ブラウティア菌】という善玉菌です。

この菌が多ければ多いほど、内臓脂肪の割合が小さくなるという研究結果があり

肥満と腸内環境には関りがあることが分かっています。

この善玉菌を増やすためには、エサとなる食物繊維の多い食事を心がけ

腸内環境を整えることが重要です。

そして、処方屋が販売しているCHASTONには、

ゴボウの6倍、キャベツの12倍の食物繊維が含まれている

【キャンドルブッシュ】が配合されています。

そんなCHASTONを飲んで、

皆さんも気分を”スッキリ ストン!”としてみませんか?